避妊薬が身体にもたらすメリット

避妊薬を服用することによってもたらされるメリットは、避妊効果だけではありません。他にも多くの女性に嬉しい効果がもたらされているのです。
避妊薬には女性ホルモンが配合されています。女性の身体は女性ホルモンの働きにより、28日周期で大きく変化します。それは身体だけではなく精神的にも影響が及び、イライラやわけもなく泣きたくなるなどの情緒不安定さを作り出します。生理前2週間ごろから出てくるこの症状をPMSと呼び、腹痛や腰痛、過食なども引き起こします。PMSは女性ホルモンの分泌量が変化することが原因で起こると言われており、避妊薬を服用することによってその分泌量がコントロールされるためPMSの症状が改善されていきます。また、子宮内膜症と呼ばれる病気の改善薬としても利用されています。本来ならば子宮の中だけにできるはずの子宮内膜が卵巣や骨盤の腹膜にできてしまい、それが剥がれて生理になる際に強い痛みを引き起こす症状を子宮内膜症と言います。避妊薬に配合されている女性ホルモンの働きにより子宮内膜を厚くしないことができるため、痛みの軽減が見られます。女性ホルモンの分泌量が激減することで起こる更年期障害の際にも利用されることがあり、減ってしまった女性ホルモンを避妊薬で補充することにより症状が軽減されます。他にも男性ホルモンの分泌量が抑えられるため、ニキビの軽減や肌の毛穴の縮小化、多毛症の改善やバストアップという美容にも嬉しい効果が期待できます。
女性ならば嬉しい効果が期待できる避妊薬ですが、病歴や年齢によっては服用できないこともあります。また、子宮内膜症を伴い月経困難以外で避妊薬を服用する場合、健康保険が利用できないというデメリットもあります。